千総

今日の朝ごパン

お芋が好きなら食べなくちゃ『金沢の五郎島金時 × バター』

2023年2月1日

朝食に、おやつにおすすめ。
アトリエコンフィチュールのジャムを使った朝ごはん。いえ、朝ごパン!
ひとさじでおいしい時間を。
今日ご紹介するのは、先週から販売がスタートした『金沢の五郎島金時 × バター』です。

 

先輩に教えてもらったおいしい食べ方。
「焼く前のパンに塗って、トーストしてもおいしいねん」とのことなので、今日はパンを四等分して、半分は先に金時バターを塗ります。

 

このまま食べてもおいしい金時バター。
かぶりつきたい気持ちを抑えてトースターでこんがり焼きます。

(チーン!)

​​​​​​​ではでは待ち切れないのでいただきます。
あ、ほんと。塗って焼いたパンはスイートポテトみたいでおいしいです。

 

そしてそしてパンにバターを塗って、金時バターを塗って。
あつあつのパン・バターの塩気・金時バターのお芋感。とってもなめらかな口当たりで、五郎島金時ならではの甘さがしっかり味わえます。
子どもさんのおやつにも良さそうです。

 

どちらの食べ方もおいしくて大満足でした。

この金時バター、
実はイベント販売では少し前から登場していて、「おいしかったからまた買いに来た!」「子どもが大好きなんです」というお声をいただいていた商品なのです。
お芋好きの方には全力でおすすめします。ぜひお試しください。

『金沢の五郎島金時 × バター』https://item.rakuten.co.jp/sen-sou/butter_g_potato/

小豆から職人が炊き上げた『十勝の小豆 × バター』

2023年1月25日

週末のゆったりした朝におすすめの
アトリエコンフィチュールのジャムを使った朝ごはん。いえ、朝ごパン!
これを見たら、あなたも食べたくなっちゃうかも。

今日ご紹介するのは、『十勝の小豆 × バター』です。

 

かじりついて食べるのもいいけど、今日はちぎってゆっくり食べたい気分。
切り込みを入れて焼きます。
バターが入っているにも関わらず、バターを塗ります。

 

お待ちかね、あんバターを惜しみなく。
小豆の粒感もありながら、なめらかで塗りやすいです。それではいただきまーす。

 

甘すぎず、発酵バターの風味も相まって手が止まりません。
そして、禁断の追いバターをしてしまいました。塩気と甘さでおいしさの無限ループ。
頭の片隅でカロリーの心配はしているけど、このおいしさには勝てません。

 

あっという間に食べ終えてしまいました。この日は紅茶だったけど、珈琲も合いそうです。
背徳感いっぱいの朝ごパン。みなさんも次の週末にいかがでしょうか。

『十勝の小豆 × バター』https://item.rakuten.co.jp/sen-sou/confi_tokachiazuki/